top of page

エステ機器を決める前に大切な確認事項


これからエステ機器を購入される方に是非参考にしていただけたらと思います。


今はネットであらゆる情報が簡単に得られるようになり、便利になりました。 

例えばエステ機器を探すのにキーワードを入力するとそれに関する情報や広告・宣伝が溢れています。

その中からどうやって決めていけばよいのかわからなくなるといった相談がよくあります。

そこでエステ機器導入前に確認しておきたい点についてお話させていただきます。





①そもそも何故、エステ機器が必要なのでしょう?


お客様は、何故エステサロンに行ってみようと思うのか?を少し考えてみましょう。


主な理由として


◯最近老けたな~って思った時(シミやくすみ、シワ、タルミが気になるなど)

◯色白肌になりたい

◯お腹周りがぽっこり、下半身が太いのが気になる

◯首や肩まわりがパンパンに凝っている

〇脚のむくみが気になる

◯ストレスを感じて、心身共にが疲れ切っている

◯ムダ毛が気になる

◯自分なりにお手入れをしているがなかなか改善しない

〇結婚式に間に合うように早くキレイになりたい


など他にも理由はいっぱいあると思います。

お客様がサロンに求めていることは、上記のような悩みに対する結果ですよね。

なのでサロンにおいては、しっかりと結果を出すことが重要となってきます。

その点からもエステ機器は、即効性があり一度の施術体験でその効果も実感してもらい易いので絶大な役割を果たしてくれるものとなります。

オールハンドで難しいケアができるので、施術効果をより高めることもできます。





②誇大広告には注意が必要です!


情報を集める手段としてネットは絶大です。 今日の膨大な情報量の中、目に留めてもらうにはインパクトが求められます。

故に、最近特に誇大広告が目立つようになりました。

引き込まれるようなキャッチコピーにビフォアアフターの画像や動画を見ていると本当に凄いと思ってしまいます。


ある程度の知識や経験があればその商品の良し悪しを判断できるかも知れませんが、それでもなかなか自分で判断するのは難しいと思います。 これらを鵜呑みにして後で後悔するケースは、これまでもたくさん見てきました。


ほんの一例ですが、紹介すると、


○最初は、良いと思って購入したけど、使い方がわからないし、買ったところからちゃんと教えてもらえなかった。 思う様に結果も出なかった。


○もっと安くて高性能な機器があるのが後からわかって後悔した。


ホームケア機器だと知らずに購入。 ホームケアでお客様からお金を頂くのも悪い気がした。


医療行為に触れる機器と知らずに買って、暫く使っていましたが後から駄目な事を知り、結局使いたいけど何かあると怖いので使わなくなった。 結局は自己責任ですが後悔しました。


ネットで買ったが直ぐに壊れた。 安く購入したもので返品・交換が出来ないのはわかっていましたが、初めからちゃんとしたものを購入すれば良かった。 捨てるにもお金がかかり、失敗したと思いました。


○壊れたので修理依頼と同時に代替機の依頼をしましたが、全て出払っていて出せないと言われ、多くのお客様のご予約を変更やキャンセルをする羽目になった。


メーカーに問い合わせたら連絡がつかなくなった おかしいと思い、会社の住所を調べたらそこはレンタル事務所で今は誰も契約されていなかった。その会社は初めからそこに存在しておらず、やられたと思いました。


これらは、全て生徒さんやサロンさんから聞いたお話しの一部です。

このような事に遭遇しないように、事前にしっかりと検討しましょう。

 




③目新しいものや流行りには直ぐに手を出さない方がよい


目新しいものや斬新なものは、誰しも興味が湧いたりしますよね。

自分がしたいことや他サロンにないメニューで差別化をはかりたい、もっと集客力のあるものを取り入れたいと考えてると何かないかとネットで探してみたりする方もいらっしゃると思います。


しかし、エステ機器を導入する際は、少し慎重になっていただきたいと思います。

何故ならエステ機器は、お客様に結果と満足を提供できるものですが、安全で安心して使えるものか否かも見極める必要があるからです。


例を挙げると脂肪冷却やハイフといった機器も当時は目新しいもので一時的に流行りました。

ところが後に火傷などの皮膚障害や神経損傷などのトラブルが発生し、消費者センターへの苦情が相次ぎ、安全性を損ねるとして使用を控えるように国からの要請で各エステ協会からサロンに対して通達を出す事態になり、メジャーな広告媒体にも掲載が出来なくなりました。


気が付けば自分のサロンで被害者を作ってしまい、自らも被害者になるケースもありますので気をつけていただきたいです。

せっかく投資をしたものが、この様なことになってしまっては残念でなりません。

流行りは、一時的で終わってしまうものも多く、それよりは長く実績のあるもので安全性と結果を出すものの方が安心と信頼が得られやすいと考えます。





④エステ機器を決める前の確認事項


1.ニーズがあり、ターゲット層に適した機器でそれで集客できるものか。


2.機器の購入価格は本当に適正なのか。(安いから良い、高いから良いとは限りません)


3.販売会社はどんな会社なのか。


4.購入後のフォローをどこまでしてもらえるか。


5.もし故障した場合に代替機をちゃんと手配出来るか。

(出来ると言ってたのに実際は、理由をつけて出せない会社も多いようです)


エステ機器は、どう活用するかが大切となります。

購入後に導入講習がなかったり、オンラインでされるケースもあるようですが、施術は実際にモデル相手に実習する方がちゃんと学べます。


エステ機器は、施術道具の一つであり、化粧品ハンドとどう組み合わせてメニューを作るのか。  価格はいくらにすればよいのか。 それをどのように打ち出し、どのようにして集客するのか。 どのようにしてリピーターさんに繋げて継続的に売上を上げていくことが大事ではないでしょうか。


これまで20年以上にわたり、独立開業支援してきた経験が今、皆様のお役に立てれば幸いです。

気になることがあれば、いつでもCoCoRoにご相談ください。

Comments


bottom of page